印鑑の雑学

印鑑イメージ

あなたは、印鑑を使用する場面で「あぁ、シャチハタではダメですよ。印鑑を持ってきてください」と言われて、「はぁ!?印鑑もシャチハタも大差ないからいいだろ!」と思ったことはないだろうか。
実は、これは大きな間違いなのである。

この問題は、印鑑とシャチハタが根本的な部分で異なっている、ということを理解すれば、「あぁ、そうだったのか」と納得することができる。
そもそも、シャチハタがどういうものなのか、完全に勘違いしている人が多い。

シャチハタというのは、文字が掘られている部分がゴムでできている印鑑、ではなく、また、朱肉がなくても捺せる印鑑、でもない。
シャチハタと印鑑では、そもそもその染料が「インク」と「朱肉」であるという点で大きく異なる。

ちなみに、朱肉の色は、自然界の物質「辰砂」,つまり硫化水銀によるものである。

ここでシャチハタについての薀蓄(うんちく)を一つ。
実はシャチハタというのは、元々はんこの名前ではなく、「シヤチハタ株式会社」というスタンプメーカーの名称だったのである。

シャチハタ、ではなく、シヤチハタ、である点に注意したい。
魚の「鯱(シャチ)」と、日本旗が名前の由来になっているらしい。

そしてさらに、シャチハタは正式な名称ではなく、本来の製品名称はなんと「Xスタンバー」である。
どうしてこのようなネーミングにしたのかは不明だが、朱肉を入れる容器が「肉池」または「印池」という名前であることと共に、覚えておいて損はないかもしれない。

ページの先頭へ